2017年04月11日

物理化学を学び直したいと思う

大学に入った時何が困ったかというと、化学の授業だった。物理は数学をやればなんとかなりそうで、数学はわからないなりにわからなさがはっきりしていた。ところが化学は物理化学がまったくだめでエントロピーが出てきて、ギプスの自由エネルギーやらなんやらが出てきて崩壊していた。今やったらもう少しわかるだろうか、と思う。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

嫌な三姉妹の続きをまた考える

嫌な三姉妹の続きをまた考えた。前回思い出せなかったのはたぶんこれだったはずだ。
「おごり、たるみ、ゆるみ」
おごりちゃんだけちょっと終わり方が違うけれど、仲のいい姉妹ではないかな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

コンピュータ用語を覚える

事情があってコンピュータ用語を覚えていようと試みるがなかなか覚えられない。困った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

化学の入試問題を見る

昔は化学が得意だったのだが、大学で物理化学、量子化学、有機化学と怒涛の三連発を浴びて立ち直れなくなってから、化学からは遠ざかっている。
化学の入試問題は、数学や物理のよりは、だいぶ現実を反映している。2017年の浜松医科大学の化学の入試問題である。
(前略)化合物Bの縮合重合によって得られるポリエステルは土壌の微生物で分解され,最終的に水と二酸化炭素になることが知られている.化合物Bの構造式を記せ。

ここで私は既に忘れているが、ポリエステルというのはある種類の化合物全体を指す。だから、土壌の微生物で分解されないポリエステルもあるはずだ(むしろそれが大部分ではないかと思う)。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

物理の入試問題を見る

物理の入試問題を見ると、オイルシェールがあったり、バンジージャンプがあったり、身近なものや現象を考えようとしていることがわかる。それにつけても悔しいのは、剛体の運動を高校ではやらなくなったことだ。今思うと、電気も難しかったけれど、力学の中ではあんなに難しいものはなかった。3次元の積分もろくにできないのに、回転モーメントを覚えていた。あれはつらかったな。俺達の後で剛体の力学ははずされたはずで、それが悔しいのだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

数学の入試問題を見る

数学の入試問題は、他の教科の入試問題と比べて浮世離れしているように見える。とはいえ、少しは現実に即した問題もある。
たとえば、浜松医科大学の2017年の数学の問題を見よう。なお、データは架空のものであるとの断りがある。また、糖尿病の判断では「HbA1c」だけでなく、症状や病歴、生活習慣、他の検査結果などを総合して診断が行われる、と最後に追記がある。

(1) いくつかのデータを比べるとき,それぞれのデータの特徴を一つで表すと比較しやすい.そのような数値を代表値という.
 代表値としてよく用いられるもののうち3つを挙げ,それぞれの定義を述べよ。

(2) 次の 2 つの表は,糖尿病患者 100 人(表A)と糖尿病でない患者 100 人(表B)を対象に採血検査「Hb1Ac」の結果を度数分布表の形にまとめたものである(ここでは HbAlc の値を小数点以下四捨五入していることに留意せよ.(表A、表Bともに省略)(1) で回答した3つの代表値を,表Aおよび表Bに対してそれぞれ求めよ.

(3) 省略

(1) は
平均値、最頻値、中央値であろう。このあたり、それぞれの特色を理解しておかないといけない。
それに何よりも、糖尿病になりたくない。

posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

列の並び方を考える

電車を待つ人たちは、たいてい2列で並んでいる。3列で並ぶように、とホームに書いてあってもだ。ドアが開く両脇に2列ずつ、と指示があっても1列ずつにしか並ばない。なぜかを考えてみた。3列並ぶと真ん中の人が両脇の人に挟まれて閉塞感が増すからだろう。両脇に2列ずつとあっても、外側の人は阻害されたように感じて乗り込むのが遅れると思うのだろう。かくして人は2列に並ぶ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

だるま落としを考える

大学入試センターの平成27年度追・再試験の問題の「旧理科2」の「理科総合A」に、ダルマ落としの問題が出ている。ひょっとして、戸田盛和さんが「おもちゃセミナー」か何かでだるま落としのことを書いてくれていないだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

新学期が始まる

最近、自分のなかで何もかもやる気がなくなっている。それでも生きていればいいこともあるだろうから生きていくことにする。
最近、摩擦について考えている。動摩擦力と静止摩擦力の違いが面白い。たとえば、紙が積層に詰まっている箱の脇を開けておく。箱の重量や紙の重量にもよるが、紙を一枚選び、ゆっくりと手前に引くと箱ごと手間に移動する。ところが紙を急速に引くと箱は静止して紙だけが出てくる。だるま落としの原理みたいなものだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

嫌な三姉妹の続きを考える

昔から、俺に三人娘ができたなら、妬美、嫉美、僻美、と名付けようかなと言っていた。その後、新しい候補をどこかで聞いてこれだと思ったのだが、思い出せない。二人娘なら恨美、辛美なのになあ。
その昔、萩本欽一のコントに出てきた三姉妹は、のぞみ、かなえ、たまえ、だった。こういうのはいいけれどね。

ポロシャツを2枚買った。
posted by まりんきょ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。