2017年06月17日

久しぶりに八重洲室内アンサンブルの練習に行く

久しぶりに八重洲室内アンサンブルの練習に行った。正確にいうと、休部のあと一度だけ練習場所におじゃましたことはあった。自分の所属する勤務先のオーケストラのチラシを配るためだった。それ以外はずっと行かなかった。あと、本番でステージマネージャーのまねごとはしているが、それだけである。
私が休んでいる理由は、練習場所が自宅から遠いことである。自宅は越谷にあり、練習場所は主に杉並区である。どうがんばっても片道一時間半はかかる。そして、勤務先のオーケストラが加わった。私の年齢と根性では両立はきつい。そこで八重洲のほうを休ませてもらった。
今年で休んで3年めになる。今年も本番のステージマネージャーだけかと思っていたが、事情があってチェロを弾かなければならないことになり、期間限定で復帰することにした。最近は浅田真央や宮里藍らが引退を表明したが、私のようなロートルでもまだまだ出ないといけないようだ。

ということで、今回の練習曲は、バッハのブランデンブルク協奏曲第4番とドヴォルジャークの弦楽セレナーデだった。バッハのブランデンブルク協奏曲第4番なんてなかなか実演を聴く機会さえないというのに、今回は弾く立場で参加できるのだからありがたいことである。

練習後は例によって飲み会である。3年前までよく行っていたチェーン店は最近閉店し、そのチェーン店に入れなかったときに行っていた広島風お好み焼き屋も建て替えられて跡形もなくなっていた。この日は、このお好み焼き屋があった正面にある中華料理屋で7人で乾杯した。紹興酒の瓶は2本なくなった。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

コンサートに行く

八重洲室内アンサンブルの方から声をかけてもらい、室内楽のコンサートに出かけた。
弦楽器奏者と管楽器奏者、ピアニストがレギュラーで在籍する団体で、曲に応じてゲストを招く形式のようだ。
この日弾かれた曲のうち、アンコールを除くと、弦と管の合わせものが2曲あった。ブラームスのクラリネットトリオと、ベートーヴェンの七重奏曲である。どちらも実演で聞くのは初めてである。多いに堪能した。

このような管と弦が一緒になってやる曲をもっと聞きたいし、自分たちで弾くほうでもやってみたいと思うのだった。誘ってくださったKさんと飲みながらそんな話をして、夜は更けていった。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

演奏会に出かける

八重洲室内アンサンブルの演奏会に出かけた。実は、今回は降り番である。私は第2回の1984年の演奏会から第27回の去年の演奏会までずっと舞台に立ってきたのだが、今回でその連続出演記録が途切れた。そんなことはどうでもよくて、観客としてゆったり聞くのもいいだろうと思っていたが、ステージマネージャー(ステマネ)を拝命することになり、気楽な気持ちはなくなった。
本番では、ステマネとしての仕事も不十分であったが、何とか終えることができて安堵した。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

お客様を迎えて飲む

八重洲室内アンサンブルにいたメンバーで、海外で活躍された方がいる。その方とお知り合いのお客様ご夫妻を迎えた語りあう会合があったので出かけた。なんだかよく飲んだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

L邸でお別れの会に出る

私は以前から八重洲室内アンサンブルの有志のオッターバという仲間に入っていたが、いろいろな事情により一年間休みをとることにした。それを聞いた他の仲間がL邸という場所で慰労会を設けてくださった。このたびは、私のあとでピアノを弾いてくださるSさんも参加して、和気あいあいとして楽しんだ。
休みの間はいろいろと英気を養って、また一年後には復帰したい。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

クリスマスコンサートでピアノを弾く

八重洲オッターバとしての活動として、川崎市の視覚障害者情報文化センターが主宰するクリスマスコンサートに参加した。このセンターはふれあいプラザかわさき3階にある。なお、ふれあいプラザには他の団体も入っている。今回はプラザの2階にあるホールで開催することができた。結構ひろく、新しい。

コンサートは午後2時から午後4時まで、つつがなく進んだ(もちろん小さな事故は頻発したのだけれど)。その後6人はジョナサンに行き、反省会を行う。一人は所要のため早めに退出したが、その後5人は午後6時ごろまでいた。

コンサートの関係者が、さっそくツイッターにあげるといっていた。
https://twitter.com/nittento/status/543602106993614848/photo/1
演奏者の写真はないのでまずはほっとする。
posted by まりんきょ at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

本番を迎える

八重洲室内アンサンブルの本番を迎えた。場所は杉並公会堂の小ホールである。
いろいろなトラブルもあり、お客様にご迷惑をかけたが、演奏は少しはよくなったかなと思う。前半3曲、後半1曲、アンコール1曲の組み合わせだ。

前半は、ヘンデルのラルゴ(オンブラ・マイ・フ)から始まった。この曲は、他の3曲より決まるのが遅かった。ほかの方と相談し、最初に短い曲を入れようということになり、私の提案で入れたものだ。なぜこの曲かというと、一つはト長調だからだ。ヴィオラとチェロはト音のほかニ音やハ音に開放弦があり、よく響く。ヴァイオリンとコントラバスもト音とニ音に開放弦があるから、ヴィオラとチェロほどではないが、響きは似ている。前回も同じようにト長調の小品「アンダンテ・フェスティーヴォ」から始めたのも参考にした。もう一つは、俺が好きな作曲家だからだ。最後に、夏の終わりだから、木陰への憧れを歌ったこの曲はぴったりではないかと思ったからだ。もっともこの日は雨交じりで、木陰が恋しくなるほどの暑さにはならなかったが、それはそれでよかった。
次はヴィヴァルディの調和の霊感(調和の幻想)から第5番イ長調。この調はヴァイオリンが一番鳴る(と個人的には思う)。二人のソリストが活躍した。特に、第2楽章のソロを務めた U さんは素晴らしいできだった。ヴィヴァルディは最近、良さがわかってきた。
前半の最後はモーツァルトのホルン協奏曲第4番変ホ長調。ホルンのソリストの G さんは過去に2度モーツァルトのホルン協奏曲でこの楽団と共演している。今回もナチュラルホルンでのすばらしい演奏を披露された。第1楽章にはカデンツァがあるのだが、なんとその一節がNHKのかつての名番組「新日本紀行」の冒頭だった。私より年かさの男性陣はみな、このユーモアに合点したのだった。
休憩後の後半はドヴォルジャークの弦楽セレナードだった。過去にも当楽団で弾いたことはあったが、まだまだ技術的に足りないところばかりだった。今回もそうであったが、少なくとも過去の自分たちの演奏よりは進歩していると自負している。
アンコールはルロイ・アンダーソンの「春が来た」(原題は The First Day of Spring)。ホルンのソリストにも参加してもらうことができたので(こちらもナチュラルホルン)、最初のホルンの印象的な旋律がより高まった。なお、ルロイ・アンダーソンといえば「シンコペーテッド・クロック」や「トランペット吹きの休日」、「タイプライター」のような際物を思い浮かべる人が多いだろうが、この曲は非常に落ち着いた、春の風景が広がるような清々しさを描いている。

posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

練習に行く

明日は八重洲室内アンサンブルの本番である。今日はそれに備えての練習である。一通りさらって、早めに切り上げた。あしたが本番だというのに飲み会がある。私は正直に付き合ってしまう。だから疲れるのだな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

練習に出かける

八重洲室内アンサンブルの練習に出かけた。練習後の飲み会は、次回の演奏曲候補の選考会だった。楽譜を用意しないといけない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

練習に行く

練習があるので行く。チェロの高音が一発で決まらない。困った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

練習に行く

練習に行く。暑くてつらいが、怠ければますます弾けなくなってしまう。終わった後はビールと焼酎を飲んで収める。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

ダブルヘッダーを経験する

音楽練習でダブルヘッダーを経験した。午前は、ある管弦楽団の練習だった。最初の練習というのに遅刻をしてしまった。恥ずかしい。
午後は八重洲室内アンサンブルの練習で、4時間も練習をした。休憩は何度かあったので助かったが、正直きつかった。
といいながら、その後の飲み会でビールと焼酎を飲んでしまう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

練習に行く

練習に行く。この日は5時で終わり、飲み屋に行くが、最大2時間までと言われ、そこで終えることにした。これもまたよし。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

練習に行く

練習に行ってきた。なかなかチェロは上達しないが、気長にやろう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

八重洲に行く

いつものように八重洲の練習に行った、と書きたいところだが30分遅刻した。いけないなあ。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

八重洲オッターバの練習に出かける

この日は八重洲オッターバの練習である。例の「夏の思い出」を練習してみたが、ピアノが下手なためかみな黙してしまい、次の曲の練習に行ってしまった。ため息ばかりだ。
それでも、練習後の酒はしっかり飲むのだから、本当に俺はバカだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

練習に出かける

この日は祝日であったが、八重洲オッターバの練習があったので出かけて行った。3時間練習をしたあと、飲み屋で2時間以上飲んでいた。いろいろ話は盛り上がったが、いろいろ決めないといけないことがたくさんある。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

練習に行く

この日は八重洲関係で5時間練習した。まず最初に最初の2時間はオッターバの練習であった。次の3時間は本体の八重洲の練習をした。5時間の練習のあとは、2時間以上の飲み会であった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

八重洲に行く

八重洲室内アンサンブルの練習に行き、例によって酒を飲んだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

永福ふれあいの家へ行く

永福ふれあいの家へ行った。ここでカイザーというピアノを弾いたのだが、このピアノは、アップライトでありながら低音が素晴らしくよく出るので心底驚いた。何かにつけて左手でオクターブ下を弾いたり、単音を8va bassaのユニゾンにしたりして喜んだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲室内アンサンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。