2018年06月03日

将棋の棋士を思い出す

棋士といえば、通常は将棋や囲碁のプロをいう。私が棋士という場合は通常将棋のプロの棋士だ。今、日本の人たちが知っている棋士といえば、現役棋士では羽生善治や藤井聡太であり、引退では大山康晴(故人)や加藤一二三だろう。さて、私が気になっている棋士は、もっと無名の人である。なお、以下棋士といえば日本将棋連盟のプロ棋士を指すものとする。

さて、無名の人とは永作芳也氏のことである。私が将棋に興味を抱いたのが小学校6年生のときだった。将棋のそのもののゲーム性に魅せられたのは当然だが、もうひとつ将棋のプロの世界の特異性にも心惹かれた。 中平 邦彦の「棋士 その世界」を相模原市の図書館で借りて読んで、その世界の神秘性に驚いたのだ。麻雀の牌の節目をみんな覚えているとか、秒読みで鍛えられるためか1分間が正確に測れるとか、有吉(道夫)と内藤(國雄)の因縁だとか、そういった週刊誌っぽいネタを満載した本だった。その中に、確か永作芳也氏のことが触れられているはずだ(当時はまだ奨励会だったと思う)。

永作芳也氏はプロ4段になったあと、自身の都合により引退した。将棋のプロは、日本将棋連盟の引退規定に抵触しない限り現役を続行するのが当然であり、自身の都合により引退することはめったにない。永作氏の引退が不思議だったのはそれだけではない。同じように自身の都合で引退した棋士として有野芳人氏がいる。永作氏と有野氏を比べてみると、有野氏は棋士番号122が与えられているし、日本将棋連盟のホームページにも記載がある。一方永作氏は棋士番号が139だったとWikipediaには記されていて現在ではないことがほのめかされている。また、日本将棋連盟のホームページの記載はない。どうやら、一度棋士になれば、引退後も日本将棋連盟の会員となるようなのだ。そして、退会を行使したのは、棋士番号制度ができてからは永作氏ただ一人のようなのだ。

これ以上詮索するのは控えておこう。永作氏が最近小学生に指導をしているという記事を見かけた。うれしいことだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

及川拓馬六段をテレビで見る

最近は将棋ばかりである。及川拓馬六段がNHK将棋トーナメントに出ているのを見た。メガネをかけていてすぐには及川氏だとわからなかった。
私が最初にみた写真はたぶんデビュー当時で、なんとなく「かわいい」感じがする男の子の雰囲気がした。今なら当然変わっているだろう。
出身が越谷の隣の松伏、育ちも所沢と埼玉だから、応援している。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

渡辺明の棒銀を思い出す

将棋のプロを思い出すシリーズである。今回は渡辺明棋王である。
以前、上野裕和氏が出ていた将棋世界の付録に、渡辺氏も自戦記を載せていた。戦形は対振り飛車だったが、渡辺が採用したのは棒銀だった。今の「なんでも穴熊」の渡辺にしては信じられないが、当時は「対振り飛車には棒銀が自分には合っている」といっていたのだ。

わからないものである。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

上野裕和五段のことを思い出す

将棋のプロを思い出すシリーズである。今回は上野裕和五段である。
あるとき、将棋世界という雑誌を買ったら、新鋭棋士シリーズということでデビューしたばかりの棋士6人が自戦記を載せた付録がついていた。その6人に上野氏もいたのだが、際立っていたのが6人のうち、ただ一人上野氏だけが自分が負けた棋譜を載せていたのである。なお、この棋譜の対戦相手は飯塚祐紀だった。

こんな我が弱い棋士で大丈夫だろうかと心配になったが、この6人は上野氏を含めてすべてC級1組以上に昇級していることを付け加えておく。

posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

奨励会出身者について考える

奨励会というのは、将棋プロの予備門である。プロになるためにはここに入らないといけないが(例外あり)、厳しい競争のため途中でほとんどが退会する。そんな退会者の一人が、今医者として活躍している。この医師にとって、将棋とは何か。ホームページを引用する。


将棋は私の人生の半分以上を形成してきたものであり、少し自分語りをさせてもらおうと思います。恥ずかしい事ではあるかもしれませんが、自分の将棋の実力に、医学の能力は全くかないません。


ここを読んで感じた。かっこいい!
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

中尾敏之五段の引退に思う

妙に昔のことを覚えている。
将棋世界という雑誌をたまに買っている。あるとき買った号で覚えていたのは、中尾敏之新四段だった。デビューして10局、後手番がほとんどだったのに勝率8割という数字だった。静岡出身ということで富士山を背景に写っている写真もよく、有名になるだろうと私は思っていた。しかし、残念ながらその後の成績は振るわず、フリークラスに陥落した。その後の順位戦復帰条件も満たすことが出来ず、2018年3月で引退となった。

引退後、中尾氏は将棋とは異なる業界へ進むことを考えているという。これは大きな決断だと思う。

将棋界で将棋棋士となった(四段になった)プロで、引退(退職)後に異業界に行った例は極めて少ない。ただ応援するだけである。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

土佐浩司八段のこと

妙に昔のことを覚えている。
将棋世界だったか、近代将棋だったかを、将棋雑誌をたまに買うことがあった。そのころは三段リーグはない時代だった。
このとき買った雑誌には、四段デビューした土佐浩司(現八段)へのインタビューが載っていた。記者からの「プロになった抱負は」という問いに「特にありません」と答えていたのが印象的だった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

佐藤紳哉七段のカツラに思う

将棋界のプロ棋士が、テレビによく出ている。加藤一二三九段はその筆頭だが、佐藤紳哉七段もそのカツラ芸をひっさげてけっこう露出している。

さて、佐藤七段がプロデビューしたのは氏が20歳のころだという。私はそのころ、たまたま将棋の雑誌を買って、デビューの抱負を読んだ。そこには、「歌って踊れる棋士を目指しているのですが、致命的な問題があってできないんです」ということが書かれていたような気がする。ひょっとすると、その時すでに、頭髪のことを気にしていたのだろうか、といまさらになって思うのだった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

将棋道場に行く

将棋道場に行く。ここの道場では3段ということになっているが、もっと弱いはずだ。
5局戦い、3勝2敗だった。いけませんね。
posted by まりんきょ at 23:11| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

特集 加藤一二三 のユリイカを買う

本屋に行って本を何冊か買ってしまった。その一つがユリイカ2017年7月号、特集「加藤一二三」だ。実際に加藤一二三自身の将棋講座をはじめ、棋士へのインタビュー、識者の論考が載っている。さて、加藤一二三による将棋講座では最後に自身が得た名人戦第十局の解説をしているのだが、どうも指し手がおかしいようだ。じぶんなりに解釈しながら、p.166 第2段以降を読んでいく。ここで、[]内は私による補足または訂正、打消し線は原文にあるが私が誤りと解釈して消した部分である。

☗3一銀と打って私は勝ったのですが(図4)、残り一分の最初の読みは☗3一銀から(☖3三玉に対しては)☗2五[桂]と跳ねると読んだんです。そうすると、積まないので、負けたと思いました。しかし、☗3一銀のあとに歩を取れば[☖3三玉と逃げれば]☗3二金で詰みます。(後略)

後略の部分では<直感の手は☗2五桂だったんです。>とあるので、☗2五歩は単なるミスだろう。しかし、「☖3三玉と逃げれば」ではなく「歩を取れば」となってしまった意味はわからない。盤面をかかげるべきなのだろうがそこは割愛して、☗3一銀に対する☖3三玉のあと☗2五桂では詰まない理由は、この王手に対しては☖4三玉と逃げられ、やむをえない☗4二金にさらに☖5四玉と上がられ、☗5二飛成に☖4五玉と上部に脱出されるからだ。これはもとをたどると☗2五桂と跳ねた手が悪手であるからだ。その代わりに☗3二金とすれば、☖3二同玉なら☗5二飛成で、☖2四玉なら☗2五歩以下、そして☖4三玉と逃げられた場合は☗4二銀成とし、やむをえない☖5四玉に☗5二飛成とすれば、先手の3七桂の効きが残っているので☖4五玉とはできず、☖5三(角|金|銀) に☗5五金までの詰みとなる。

posted by まりんきょ at 22:14| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

将棋道場に行く

葬儀を終えたが、この日は午後6時から某所にて用事がある。どうやってその間を過ごそうかと考えた。映画を見るか、喫茶店で眠るか、本屋で立ち読みするか、どれもパッとしないと迷っていた。そんななか、ふと「将棋道場に行けばいいじゃないか」と思い立ち、新宿将棋センターに入った。
結果は2勝2敗。この日より前にも3回行っていてほとんど負けていなかったのでなかなか段を付けてくれなかったが、今回晴れて2敗したことで三段と認定された。負けたことを喜ぶのもおかしいが、自分の段級が不明なままで対局するのも落ち着かないので、まずはよかった。
ちなみに免状は初段のものを持っている。
posted by まりんきょ at 18:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

羽生竜王のことばを聞く

羽生善治が竜王位を奪還した。つれあいがそのときのことばを聞いていた。どうやら羽生は盤上の上ではといったらしい。
http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/habu-7-crown_a_23298262/
いずれにせよ羽生は偉い人だから何をいってもいい。私はこれからどう生きようか。
posted by まりんきょ at 22:54| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

詰将棋を解く

電車の中で何をするかは永遠の課題である。最近自分の中では、詰将棋を解くのがよいということになっている。3手から5手、7手、9手までがせいぜい私の手が届く範囲だ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

雑誌「将棋世界」を買う

雑誌「将棋世界」を買った。加藤一二三と藤井聡太が表紙に出ている。藤井聡太のデビュー戦が加藤一二三というのは、偶然だろうがおもしろい。そして、藤井が公式戦で加藤一二三と指せたことは、本当に幸運だったというべきだろう。
雑誌を見てみると、渡辺明が加藤一二三を評して「19世紀生まれから21世紀生まれまで戦った」といっている。最初は何のことだろう、と思ったが、加藤一二三がデビューした当時は19世紀生まれの棋士と戦う機会は何度もあっただろう。そして、藤井聡太は21世紀生まれである。藤井聡太が22世紀生まれの棋士と戦う機会はたぶんないだろうから、3世紀分の棋士と戦った加藤一二三は、やはり凄い。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

協力詰に感動する

帰りの電車で、5手協力詰を考えていた。長谷繁蔵さんの有名な作品である。頭の中だけで解こうとしていたが、なかなか閃かなかった。そこで、紙と鉛筆を取り出して図面を起こし眺めていたら、2分でわかった。この手順には感動した。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

有吉九段の20連勝を思い出す

きのうは藤井聡太四段の29連勝について書いた。29連勝は新記録だからすごいが、1986年度から1987年度にかけて28連勝した神谷八段もすごい。そして、1984年度に20連勝した有吉九段もすごい。なんと言っても凄いのは、当時有吉九段は49歳だったことである。

下記は日本将棋連盟による、連勝記録を含めた記録一覧である。
https://www.shogi.or.jp/game/record/successive.html
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

藤井四段の29連勝に驚く

勤務先で藤井四段の話をしていた。29連勝がなるかどうか、という話題である。夜、パソコンに向かっていたら、つれあいが、29連勝したらしいよ、と教えてくれた。すばらしい。

posted by まりんきょ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

フリークラス宣言者について考える

下記3名がフリークラス宣言をしたことが報じられている。
森内 俊之 九段
土佐 浩司 八段
浦野 真彦 八段
森内九段のフリークラス宣言は驚きをもって迎えられている。私もそのひとりであるが、それだけ多くの論評もされるだろう。
土佐八段のフリークラス宣言は、当人にとって悔しいだろう。私が将棋世界か近代将棋かを購読し始めたころに、土佐氏は四段となった。抱負について聞かれて「特にありません」という回答だったことをよく覚えている。その間勝ち星を伸ばし、B級2組まで昇格したが、頭ハネなどが何回もあったのではないか。あきらめが早いところも勝負を争うことではマイナスに働いたのではないかと思う。おそらく、NHK 杯のその年のトーナメントで参加者最高齢ということになると桐山九段か土佐八段になるのではないかと思う。
浦野八段のフリークラス宣言は、別の意味から残念である。浦野八段は、将棋の戦いで一番真剣になれるのが順位戦だと公言していた。だから、順位戦に対して手を抜く棋士がいると怒りを覚えていたようなのだ。そのような浦野氏が、順位戦で思うような結果が出せなかったことは何よりも辛いことだったに違いない。
フリークラス宣言をしても、プロの棋士にはいい棋譜を残してもらいたい。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

藤井四段の活躍に驚く

将棋プロの藤井聡太四段が活躍している。最年少でデビューということもあり、またデビューから連勝しているということもある。私が藤井四段をテレビで見て最初に感じたことは、大人びているということだった。彼はどこまで連勝できるのだろうか。そしてどこまでの高みに到達できるのだろうか。

今の将棋界は、名人戦における佐藤vs稲葉の20歳台どうしの戦いもあれば、40歳台どうしの戦いもある。若い人達の厚みがどれだけついてくるのだろうか。羽生世代の厚みは、佐藤・稲葉の世代や藤井聡太の世代の厚みより今なお優っていると個人的には思う。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

きのうのNHK杯選手権を振り返る

きのうはNHK教育テレビの将棋を見ていた。佐藤天彦名人と佐藤康光九段の対決で、佐藤康光九段が勝った。佐藤姓どうしの対局だと解説者が下の方の名前をいうので面白いですね。
ちなみに表記上は佐藤(天)と佐藤(康)のように下の名前の最初の名前をとってカッコ書きすることが多いが、カッコを省くこともある。今のところはこれで区別には足りるが、以前女流棋士で大場美香と大場美樹という姉妹がいたときは、さきほどの方法では区別がつかない。このときは大場(香)と大場(樹)としていたと思うが、読み方には最新の注意が必要だったと思う。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。