2017年01月13日

布施明の知られざる名曲を掘り起こす

布施明といえば「シクラメンのかほり」が有名だが、ほかにもいろいろな曲を出している。たとえば、次の曲を聴いたことがあるだろうか。
・愛の六日間
・成城婦人
・こころ美人
・とおる君
・すばらしいクリスマス

聞いてみてください。お勧めです。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

TISインテックグループ楽友会の練習に参加する

TISインテックグループ楽友会の練習に参加した。指揮者から「だったん人の踊りを演奏するには生肉を食わないといけない」という号令のもと、指揮者以下数名で練習後焼肉屋に行き、馬肉のユッケを頼んだ。しかし、私は食べられなかった。そして実はとんでもないことが起こっていたのだが、それは秘す。

posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

ピアノの弾きおさめをする

某所に出かけてピアノの弾きおさめをした。当初は、除夜の鐘にちなんで108曲、それも108人の作曲家から選んでを演奏することを考えていたが、作曲家を選ぶ段階で気力を使い果たし、さらに曲を選ぶ段階で体力も使い果たし、結局某所で弾いたのは十数人の十数曲だった。その作曲家とその曲を記しておこうとしたが、酒に酔って忘れていたので書けない。

某氏が見事な腕前を披露した。弾き終えた某氏に向かって「いやあ、ピアノって上達するものですね」と感嘆すると周りが笑った。それからひとしきりピアノ談義となった。俺は終電の時間が迫っていたので午後11時過ぎに失礼したが、体力その他が続けば翌日朝まで残ってピアノを弾いていたかった。

ちなみに、このページは翌日の29日に書いている。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

オーケストラを聞きに行く

地元のアマチュアオーケストラを聞きに行った。最近はプロのオーケストラを聞く機会が全然ないが、全く問題ない。プロがいくらうまくても、そのうまさを聞き分けるだけの感受性が全くないからだ。こういってはアマチュアの方に失礼だろうが、実際そうなのだから仕方がない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

「枯葉」を思い出す

秋の歌を思い出した。「枯葉」である。本当はこれをジャズピアノで格好良くアドリブできるといいのだが、からっきしダメである(全くできない、というわけではないが)。できないのは練習しないからなのはわかっている。練習する気力が湧いてこないので、枯葉どころか俺は枯れた爺である。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

「色づく街」を思い出す

私の小さいときは歌謡曲の全盛時代だった。秋になると南沙織の「色づく街」を思い出す。
街は色づくのに
逢いたい人は来ない

勤務先に行って、会いたくない人に会わないといけない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

オペラを聴きに行く

知人から誘われて、その知人が出演するオペラを聴きに行った。オーケストラではなく、ピアノとシンセサイザーによる音楽であるが、オペラだから歌手も演技するし、なかなか楽しかった。それにしても、オペラは観に行くものなのか聴きに行くものか、よくわからない。オペラを観劇する、という言い方があればそれが一番なのだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

音楽会に行く

音楽会に行った。内容と感想は別ブログで追って記す。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

練習に行く

勤務先グループのオーケストラの練習に行った。疲れた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

CDを買う

近所のCD屋で7割引きのCDがあったので買った。1000円しなかった。さあ、どうだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

久しぶりにピアノを弾く

久しぶりに東中野の「ALT SPEAKER」に行き、久しぶりに生のピアノを弾いた。この日はピアノを弾く人が少なく、バッハから始めてハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトまでを一通り弾いてしまった。ほとんど忘れてしまっているのが情けない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

CDの棚をあさる

久しぶりにブラームスのピアノ協奏曲第2番を聴きたいと思って、自分の部屋のCDの棚をあさったが、何もない。それどころか、ピアノ協奏曲第1番もない。交響曲4曲もどれ一つとしてない。ヴァイオリン協奏曲もない。オーケストラの曲で見つかったのは、ヴァイオリンとチェロのための協奏曲だけだった。それもつい一か月前に買った10枚組のフルニエのCDのセットに入っていたものだったから、それまではゼロだったというわけだ。
ブラームスも嫌いなわけではないけれど、CDを買ってまで聴こうとは思わない。さて、ピアノ協奏曲第2番のCDを買おうか、どうしようかなあ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

練習に行く

所属するオーケストラの練習に行った。なかなか思うように弾けない。
posted by まりんきょ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

練習に出かける

午後はオーケストラの練習に出かけた。きのうさらったところなのに、できない。ということはさらえていなかったということだ。がっかりして練習後の反省会でビールばかり飲んでしまう。いけないことだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

チェロの練習をする

チェロの練習をした。曲は、J.シュトラウス「こうもり」序曲、ボロディン「だったん人の踊り」、チャイコフスキーの「眠れる森の美女」組曲である。まだまだ弾けない。
posted by まりんきょ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

中村紘子の逝去を悼む

中村紘子氏が亡くなってからもうすぐ一か月になろうとしている。今日、題名のない音楽会で、中村紘子追悼の番組があった。氏のピアノは一度俺が若造の時に聞いたことがあり、そのときの感想はどこかで書いたはずだ。ここはちょっと違った形で氏を悼むことにする。

外国人訪日旅行者は、通訳案内士という、日本の地理、歴史や文化等の知識をもったプロの通訳ガイドによる外国語の観光案内を受けることができる。 独立行政法人国際観光振興機構(JNTO)は、観光庁の代行機関として、国家試験である通訳案内士試験(全10か国語から選択する外国語等全4科目)を毎年度実施している。その試験科目に一般常識の問題がある。平成18年度の一般常識の問題3にある問2は次の通りであった。

ショパン国際ピアノコンクールは,その難易度で世界的に有名である。5年に一度( 4 )で開催され,現在まで多くの日本人が挑戦してきた。2005 年の第 15 回コンクールでは,日本から関本昌平,( 5 )の二氏が入賞した。

(4)@ ワルシャワ A プラハ  B ウィーン C ミラノ  D ブカレスト
(5)@ 小山実稚恵 A 中村紘子 B 山本貴志 C 内田光子 D 橋本久貴


(4)は当然@のワルシャワである。(5)の選択肢だが、Aの中村紘子ではない。少なくとも 2005 年の入賞ではない。同じように、@の小山実稚恵でも、Cの内田光子でもないことはわかる。しかし、BとDのどちらかはわからない。そのころは人生で大変な時期だったから、ショパンコンクールそのものに興味がまったく行かなかった。解答を見ると、Bが正解であった。Dの人物は誰だろうか。当時別の分野で有名な人ということではなくて、正解であるBの姓の「本」の字と名の「貴」の字がある人名をとって、間違いに誘導するためにこしらえた名前、と私は見ている。

それはともかく、氏がピアノを広めた功績は大きい。今日は、氏が出演していたネスカフェ・赤ラベルのコーヒーを飲んで、その死を悼んだ。
posted by まりんきょ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

産業音楽祭を思い出す

吹奏楽コンクールにあたって、俺は個人でも団体でもコンクールと名の付いたものに参加したことがない、と書いたが、よく考えれば少しはあったような気がする。ただ、どれもが一位を争うというコンクールではない。
個人のほうは、歌手の仲間があるところのオーディションを受けるときの伴奏としてご一緒した。もう30年前のことになるだろうか。そのオーディションは不合格であったが、そのあとの仲間は今に至るまで本業の傍ら歌手としても活躍している。たいしたものだ。
団体のほうは、合唱団にいたときに産業音楽祭という催しで何度か参加したことがあった。こちらは金賞のみを決めるものだったように覚えている。その名のとおり、参加条件は企業の音楽団体ということで、合唱が中心だったが器楽もあった。今は産業音楽祭はなくなってしまい、寂しさも感じる。しかし、吹奏楽コンクールでは一般の部にまじって職場の部も健闘していることに対して、安堵を覚える。

posted by まりんきょ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

吹奏楽コンクールの結果が出る

きのう参加した吹奏楽コンクールの結果が発表された。結果は銅賞であった。要は参加賞ということである。吹奏楽コンクールには金賞、銀賞、銅賞の3種類があり、金賞がもっとも順位が高い。さらに、金賞のなかでも上位大会に行ける金賞と上位大会に行けない金賞とがあり、これはなかなか厳しい区別である。
きのうは原爆が広島に投下されてから71年たった日だった。いまさらながら、当時の人たちの苦難に思いを寄せた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

吹奏楽コンクールに出る

このブログで書いてきたように、私は所属する会社のグループの楽友会に参加してシンバルをたたいている。そして、今までの練習の成果を問う日が来た。この日は、第56回東京都職場・一般吹奏楽コンクールが西新井で催される。そしてこのTISインテックグループ楽友会が初めてコンクールに出場する、記念すべき日となった。他の人はともかく、私は団体の一員としてはもちろん、個人としてもコンクールなるものに出場するのは初めてだ。緊張した。
途中はすべてすっとぱして、まずは終わった。その後は打ち上げとなった。だいぶ酒を飲んでしまったが、また自分の余裕があるうちに帰宅した。みなさんはどうしたのかな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

楽しかったことを思い出す

中学では厚顔無恥なことをした。高校ではどうだったかというとやはり同じようなことをした。
高校3年のときの音楽の時間で先生は「何でも好きな実技をしなさい」とのたもうた。私は何を考えたか、ショパンのピアノソナタ第3番から第4楽章を弾いた。今考えても、なぜこの曲を選んだのかわからない。ドラマでやっていたという可能性は低い。単に、自分が好きだったからだろう。
今、この曲を弾けと言われても、楽譜は忘れているし、指も動かないから弾けないだろう。若いということは怖いことだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。