2017年10月09日

体育の日に出かける

今日は体育の日である。外に出て運動すべきなのだろうが、もうおとといやってしまった。この日はお誘いがあり代々木公園近くの白寿ホールで、知人が出演する室内楽を聞いてきた。特に最後、ブラームスのクラリネットと弦のための五重奏曲を久しぶりに聞いて、人生の晩年にいる私はおこがましくもブラームスの晩年と重ね合わせるのだった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

練習に行く

所属しているオーケストラの練習が新宿であったので出かけた。痩せようと思っている私に「一緒に昼飯に行きましょう」という悪魔のお誘いがあり、結局ビールと焼酎を飲んでしまった。まあいいや。あしたから出なおそう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

次回の演奏会を考える

次回の演奏会は来年の1月だ。勤務先のオーケストラで、フィンランディア、仮面舞踏会、スラブ舞曲を弾く。酒の席で「仮面舞踏会を弾くんですよ」とある方にいったら、「ぜひとも司会で《では、仮面ライダーです》といってみたいね」と答えてくれた。かつての紅白歌合戦で、少年隊が「仮面舞踏会」を歌うときに、白組の司会をしていた加山雄三が仮面ライダーといったのだった。私はそれを、生放送で聞いていた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

ブランデンブルク協奏曲第4番を思い出す

演奏会の余韻に浸っている。バッハのブランデンブルク協奏曲第4番を思い出すだけで心が踊る。バッハの曲は生きが抜けないのがいささかつらいが、今となってはいい思い出だ。それにしても、第1楽章はなぜあんなにドッペルドミナントが出てくるのだろう。第2楽章はなぜあんなにヘンデルの合奏協奏曲のスタイルに似ているのだろう。第3楽章では終結部でなぜゲネラルパウゼを設けたのだろう。不思議だ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

楽譜を作る

来年、オーケストラのコンサートに出る予定がある。そこで弾く曲のパート譜を見た。ドボルザークのスラブ舞曲第8番ト短調の譜面だ。チェロとコントラバスが同じ譜にあるため、ページ数が2倍になっている。印刷して切り貼りすればいいが、みっともない。どうせなら譜面作成ソフトで楽譜を作ろう。そう思って作業にとりかかった。1時間もすれば終わると思ったが、見通しが甘かった。2時間はかかってしまった。できた楽譜は3ページあり、途中でページをめくらないといけないのが不満だ。どうしよう。これまた見通しが甘かった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

バッハの平均律が聞きたくなる

きのうはショスタコーヴィチの24の前奏曲とフーガのことを書いた。そうすれば必然的に、バッハの平均律のことを思い出すことになる。ということで、第2巻 ロ短調の前奏曲とフーガを YouTube で聞いた。いいなあ。
posted by まりんきょ at 22:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

ショスタコーヴィチの24の前奏曲とフーガを思い出す

急に、ショスタコーヴィチの24の前奏曲とフーガを残らずさらってみたくなった。
ショスタコーヴィチは昔嫌いだったが、今はそれほど嫌いでもない。
なぜ昔は嫌いだったのか。それは当時知っていたショスタコーヴィチの曲は交響曲第5番だけで、それがどうも肌に合わなかったからだ。
しかしそのあと、室内楽を聞いてみて感想が変わった。ピアノと弦のための五重奏曲やチェロソナタには、ぬくもりが感じられた。弦楽四重奏曲は厳しさもある反面、ユーモアも豊富だ。ピアノ協奏曲第1番はピアノのほかはオーケストラが弦楽だけでそれにトランペットが1本と変わった編成ですっきりとした語り口が気に入った。そして、自分で弾いて楽しいのが24の前奏曲とフーガだ。楽しいといっても完璧に弾けるわけではないけれど、第4番、第7番、第12番、第24番は練習して来た。そして今更ながら、残りの曲も少しずつ練習したいと思うようになった。第15番は一番最後にとっておくとして、次に何を練習するか、考えることが楽しみだ。
posted by まりんきょ at 23:21| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

ロビーコンサートに出る

勤務先のグループ会社の有志によって、ロビーでコンサートをする機会がある。年に2回、夏と冬であり、今回は弦楽で出た。曲目は次の通り。
・ヴィヴァルディ「春」第1楽章
・美女と野獣
・サウンド・オブ・ミュージックから

これがロビーコンサート4回めであるが、一番疲れた(難易度が高かった)。それが証拠に、この後の飲み会が2時間半昼間からぶっ通しであり、ビールのジョッキがどんどん空になった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

練習をする

午前中は新宿区柏木にある公共施設で練習をした。今度の金曜日が本番である。
posted by まりんきょ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

練習に出かける

この日は午前中コンクリート長屋の総会があった。面倒だが出ないといけない。午前10時に始まったが、終わったのは午後になってからだった。その後夜は新宿で合奏の練習をして、飲んで終電で帰った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

練習に行く

勤務先のオーケストラの別働隊で練習があったので出かける。私から候補2曲を持っていったが不採択だった。悲しい。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

ショパンのピアノ協奏曲第二番を聴く

ショパンのピアノ協奏曲第二番を久しぶりに聴いた。それも生演奏である。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

コンサートに行く

つれあいはクラリネットを先生にならっている。その先生とピアノの先生が組んでコンサートを開くので与野まで出かけていった。いい雰囲気で、音楽を楽しんだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

お座敷に招かれる

久しぶりにお座敷に招かれた。お世話になった方が退任されるので、その会で楽器を弾くように言われた。私はチェロを持って行き、練習していった曲を何曲か弾いた。

さて、そのお座敷では別の方も退任されること、その別の方もバイオリンを弾かれることがわかっていた。せっかくだからとその方にバイオリンを弾いてもらいたくお座敷仲間から頼んだのだが、一旦は断られた。ところが、念のためお座敷仲間が余分のバイオリンを持っていったので当日改めて「どうですか、楽器もありますよ」と誘ったら「ではやりますか」ということで飛び入りと相成った。曲はパッヘルベルのカノン。この退任される方も、そして他の2名のバイオリン弾きもアマチュアオーケストラでコンサートマスターを張っているということで恐れ多い。こんな恐れ多いカノンは初めてだったが、弾いていて楽しかった。

この退任される方が飛び入りでバイオリンを弾いたことで座が盛り上がり、アンコールを所望されて弾いたソロが、ヴィヴァルディの四季「冬」から第2楽章だった。チェロの性分で、覚えている限り通奏低音をピチカートで弾いてみた。

実はここで一番がっかりしたのは、自分の耳だった。この第2楽章は、誰が聞いても変ホ長調である。ところが私の耳にはホ長調に聞こえてしまった。チェロのポジションを取りながら、ホ長調にしては低めだなあ、と考えたのは大間抜けだった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

お座敷の練習に出かける

この日は翌々日に行われるお座敷の練習で、西荻窪まで出かけた。チェロをかついで15分歩くのはつらいが、体力をつけるためと老骨に鞭を打った。
午前中練習したあと西荻窪の駅前でラーメンを食べようとしたが行列ができていたので諦め、別の店で餃子定食を食べて帰った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

合唱を聞きに行く

知人のお誘いで上野の東京文化会館(小ホール)で合唱を聞きに行った。合唱を聞くのは久しぶりで、楽器による音楽とは違う良さがあることを改めて思った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

ブラームスのホルン三重奏曲を弾く

この日は職場の会社グループの楽友会の有志で室内楽演奏会を開いた。私も仲間に混ぜてもらった。弦楽では、サティの「おまえが欲しい」と久石譲の「いのちの名前」をチェロで弾いた。そして、バイオリンとホルンの若手を誘ってブラームスの「ホルン三重奏曲」から第四楽章を披露した。ホルン三重奏曲はブラームスの室内楽の中では脳天気な曲だから私が弾いてもいいだろうと思って練習したのだが、ところがどっこい難しい。それでも演奏が終わって思ったことは、ともかくやってみてよかった、ということだった。
自分のレパートリーは「ハイドン以前、フォーレ以後」を標榜しているが、ますます崩れている。まあしかし、標榜は崩れるためにあるのだということでよしとしよう。
そして、打ち上げは二次会も含めて、まったく覚えていない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

翌日が心配だ

翌日は音楽仲間の発表会だ。どうなるかわからない。心配だ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

練習に行く

ここ最近の土曜日と日曜日は、激しく外に出ている。この日は某所にて弦楽の練習をした。バイオリン二人にビオラ一人とチェロの私。こんなことならもっと弦楽四重奏曲の楽譜を持っていくのだった。
夜は4人で練馬の某店にて肉を平らげた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

飲み会に行く

この日は職場の学友会で、新人歓迎会をするというのでのこのこ出て行った。失敗だったのは、カメラを持って行ったのにもかかわらず、メモリカードがなくて全く写真がとれなかったことだった。ああ、どじだなあ。
やけ酒を飲みたかったが、新人を含めた若い人は私が片づけをしている間にいなくなっていた。しかたなく、ALT SPEAKER に行ってきて30年前の流行歌ばかり弾いてきて憂さをはらした。しかし、なんだろうね。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。