2018年04月01日

多少回復する

きのうは調子が良くなかったが、今日は少しは良くなったので安心する。昼飯に肉を食べた後、おなかがいっぱいになって昼寝をした。昼寝は本当に気持ちがいいものだ。

さて、肉は部位によっていろいろな名前がついている。この日食べたのはハラミであった。ハラミとは横隔膜の筋肉の部位なのだそうだ。ふつう、食肉といえば筋肉を指し、内臓は別に扱う。ハラミは筋肉なのだが、肉を下ろすときに肺と一緒になるので内臓扱いなのだそうだ。ついでに、カルビはアバラ骨あたりの部位(の筋肉)をいう。

むかしむかし、中学校のクラス会があった。まだ未成年だったと思うが飲み屋に行って気炎を上げていた。その中で、高校に行かずに板前になったやつがいて、そいつが焼鳥のいろいろな部位を説明してくれるのだった。俺はそのとき、負けた、と思った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

不義理を詫びる

この日は仲間と一緒にある方のお宅に行く予定だったのだが、調子を崩して行けなくなった。一緒に行く予定だった人に不義理を詫びるメールをきのう出した。

それにしても最近の暑さはなんだろう。昔物理学の実験で、レンガを熱したり冷やしたりして熱伝導率を調べたことがあったが、まるで最近は私がレンガになった気分である。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

年度末の出勤日を迎える

年度末の出勤日を迎えた。おまけに金曜日である。世の中ではプレミアムフライデーというのがあり、私も実践していたが、最近はできていない。この日は午前中勤務先を休んで午後から出かけるいう逆プレミアムフライデーであった。「午前休んだなら午後も休めばいいではないか」と勤務先の同僚から言われた。わたしもそうしたかったが、隣の同僚が一日休んでいたので何かあったときに困るだろうということで出勤したのである。

何も起こらなくてよかった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

小学生のころを思い出す

私はいわゆる中学受験はせず、地元の公立中学に通った。そのころはお受験というのはどこか別の次元の話だと思っていた。小学校を卒業して中学校に入ったとき、小学校のだれそれさんがいないということで、初めてそのだれそれさんが中学受験をして別の中学に行ったということを知ったほどである。

これほどのんびりしていた私であるが、ひょっとしたら中学校の受験というのがあるとしたらこんなものかもしれない、と感じたのは小学校の算数であった。当時住んでいた家の向かいにあるお宅から、なぜか「小学算数事典」なるものを親がもらってきて俺に渡してくれた。そこには、普通の小学校で対応できる四則演算だけではない、怪しげな何とか算がこれでもかと列挙してあった。私はこれらの何とか算を解く気にはならず、漫然と眺めていただけだった。いまも「小学算数事典」のようなものはあるのだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

SFを読んでいた頃を思い出す

ふとしたことで昔を思い出した。私はほとんどSFを読まない。想像力が貧困なのだろう。そんな私だが例外的に読んだのが、アイザック・アシモフの「銀河帝国の興亡」シリーズだった。今から30年以上前だろうか。例によって近くの図書館で借りてきたのだが、一気に読んでしまった。しかしそれ以降、他のSFは読まなかった。その後しばらくして読んだのが、ジョゼフ・ヘラーの「キャッチ=22」とA・E・ヴァン・ヴォークトの「宇宙船ビーグル号の冒険」だった。このどちらからも影響を受けた。あ、キャッチ=22はSFじゃあないな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

よく見た夢を思い出す

俺は夜必ずといいぐらい夢を見る。昔は毎日どんな夢を見たかを記録していた。今見る夢は苦しいものばかりで、起きても疲れがとれず、したがって記録どころではない。それに、最近は毎回違うパターンなので覚えることもできない。逆にいえば、昔見たいやな夢はパターン化されているのもある。
その一つは、電車の車両基地に紛れ込んでしまい、左右どちらも線路に囲まれて、おまけに線路上を電車がひっきりなしに通っていてなかなか外に出られない、という困った状況のパターンだ。このバリエーションには、線路に囲まれるパターンのほか、線路が通せんぼしているパターンもあった。この線路のモデルは、私が昔住んでいた、横浜市の新子安駅、京急新子安駅や新神奈川駅、大口駅、子安駅あたりを結ぶ線路に違いない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

昼寝をする

暖かくなってきた。昼寝の季節だ。冬は寒くて、日中横になっても布団をかぶらずには眠れなかった。暖かくなると、ごろんと横になるだけで眠れる。いい季節になったものだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

なぜ春は眠くなるのかを考える

なぜ春は眠くなるのかを考えてみた。バカバカしい推論は次の通り。人間は哺乳類である。人間が哺乳類で進化してきたとすれば、クマが先祖であった可能性がある。クマは冬眠する。だから人間も冬眠するようにできているが、人間は寒さをこらえて冬は眠らないようにしてきた。冬が終わるとその無理がたたって、春になるとたまっていた睡眠誘導物質が強力に作用するようになる。以上が推論だ。
こうやってバカバカしい考えを書いている間も、あくびが止まらない。早く寝よう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

小田急線に乗る

3月17日に、小田急線は新しいダイヤになった。代々木上原から向ヶ丘遊園まで、複々線化が完成したからということだ。だからというわけではないが、通勤時に相模大野駅から新宿駅まで快速急行に乗ってみた。速い(途中でのろのろする個所はあったが新百合ヶ丘の駅のあたりだった)。おまけに新百合ヶ丘で席が空いたので座って新宿まで乗れた。ありがたかった。

昔、小田急線を使って通学していた頃がある。そのころはむちゃくちゃつらかった。そのころすでに「複々線化用地」という立て看板が線路わきにいくつか立っていた。そのころからもう長い時間が経つ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

八王子に行く

この日は用事があったので八王子に出かけた。この場所はこれまでに何回となく行った場所だが、例外なく南越谷から府中本町まで武蔵野線で、そして分倍河原まで南武線で、そしてその先を京王線で行くというのが常だった。しかし今回は時間の余裕があったことと手元の金を節約する意味で、新宿まで出てから京王線に乗ることにした。なんといっても定期券で新宿まで行けることが強い。

どこかの本で読んだのだけれど、ドイツでは定期券は休日使えないのだそうだ。勤務のために使っている、ということだからそれはそれで理にかなっていると思う。

目的地についたあとはピアノを弾いて、飯を食った。平和な時間を過ごすことができた。ありがたいことである。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ジョギングをする

久しぶりにジョギングをした。足腰を鍛えるためである。俺の人生は長くはないが、せっかく生きるのだったら、死ぬまで自分の足で歩けるようでありたいと思っている。
posted by まりんきょ at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

中華弁当を食べる

最近、食べたものしか書いていないではないかと思われるかもしれない。実際そうだ。どうしてそうなったのか。理由は簡単だ。
1. 最近、特筆すべきことは何もしていない。
2. 勤務先のことは守秘義務がありかけない(1.ではないと信じたい)
3. 食べたことしか覚えていない。

ということで、この日は中華弁当を食べた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

円周率の日を迎える

3月14日は円周率の日である。3.14 は日本でよく知られた円周率πの近似値である。だから、この日を円周率とするのは自然だろう。もっとも外国では、22/7 を円周率の近似値として使うそうだから、7月22日を円周率の日とする外国があるかもしれない。
さて、円周率は3より大きく4より小さい。円周率を円周/直径で定義するとして、どのようにすればこの事実が納得できるか。3より大きいという事実は、「2点を結ぶ最短の経路は直線である」という事実を認めれば納得できる。ところが、4より小さいという事実はどうか。よく、円に外接する正方形を書いて、外接する点の距離を比べて「1/4円周より1/4外接長方形周長が長い」(*)ことから円周率は4より小さいという結論を導いている主張があるが、私はこれには納得しがたい。というのは、曲線の長さは一筋縄ではいかないからだ。円の曲線が十分なめらかならばいいが、実はギザギザしていたとしたら、たとえば三陸海岸の海岸線のようだったらどうか。
調べたらあちこち「円周率が4より小さい」ことの主張については多くの議論があることがわかった。だからここで店じまいをしよう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

富士山を嫌う人がいる

桜の季節が近づいている。桜は日本の人たちに愛されているけれど、おそらく桜が嫌いな人もいるはずだ。生理的に受け付けないという人もいるだろうが、桜から連想されるイメージで嫌いになる人もいるだろう。なぜそんなことを思うか。
あるとき、どこかの新聞で何かの投書を見た。富士山が嫌いだ、という内容だった。戦争でお国のためといって友人が死んでいった、お国の象徴が富士山だった、だから富士山が嫌いだ、こんな論旨だった。きっと桜に対しても、このようなことを思う人がいるに違いない。桜は散るものだからさらに死を連想させやすいだろう。
だから何?ということを期待する人がいるかもしれないが、今日はここで終わり。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

公開日記というのは矛盾しているような気がする

日記というのはごく私的なものだと思う。だから日記を公開するというのは妙な気がする。公開するなら日記という形式である必要はないからだ。ではなぜ日記にするのだろう。少し考えてみて思い当たったのは、日記には題名をつけなくて済むという利点があるからだ。正確に言えば、題名は書いた日付で自動的に付与されるからだ。

さて、このブログのカテゴリのほとんどは日記だ。公開している日記を書きつづけている俺はおかしいと思う。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

中華料理を食べる

中華料理を食べた。東日本大震災とは関係ない。ただ、食べたかったのだ。
少し張り込んでコース料理にした。主食とデザートの間にラーメンが出たのが中華料理らしかった。次に張り込めるのはいつになるだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

風呂を掃除する

私は家事をしないが、決め事として年2回の風呂掃除はしている。なんとかやり終えて食べるお菓子はおいしい。
posted by まりんきょ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

会社を休む

会社を休んだ。といっても計画的なもので、医者に行くためである。
最近いろいろなことがあり、まずは生きていられることがいいことだとますます思うようになった。何もできないときばかりだが、「生きてるだけでまるもうけ」と唱えることにしている。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

気分が変動する

昨日までは気分がよかったのだが、今日は急に気分が落ち込んだ。なぜだろう。まあこんなこともよくある。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

右腕の痛みを感じる

右腕の調子が悪い。痛みがこのところ襲ってくる。きっと腱鞘炎なのだろう。ただ、思い当たる節がない。ピアノは3月3日に弾いたけれど、そんなに根を詰めて練習したりはしていない。仕事や趣味でキーボードを使うが、頻度も時間もそれほど変化がないはずだ。なぜだろう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。