2017年02月23日

雑誌 Newton の行く末を案じる

これはどこだかで書いたような気がするが、私は科学技術に関する一般向け雑誌を購読していたことがない。日本評論社の「数学セミナー」や共立出版の「bit」はどちらも 10 年間ほど購読していたが、どちらも科学技術一般とは言えない。私が科学技術一般の雑誌として想定しているのは、これから話題にする「Newton」のほか、たとえば岩波書店の「科学」、中央公論社の「自然」 、朝日新聞社の「科学朝日」やその後継の「SCIaS」、日本経済新聞社の「日経サイエンス」などである。私は、学習研究社の「*年の科学」を購読してきたが、それ以降の科学一般に関して飢えを感じたことはなく、そのため買わずに今までうっかり過ごしてきてしまった。

「Newton」は、その美しいイラストで評判を呼んだ。しかし、私はどうもこの雑誌を購読する気にはなれなかった。そのときは、「数学セミナー」や「bit」でおなかいっぱいだった。そしてこの2誌の購読をやめたら、別の分野に興味が行き、科学技術系統の雑誌は学会誌を除いて購読しなくなった。その後学会も退会したので科学技術とは疎い存在になってしまった。

「Newton」を発行しているニュートンプレス社は現在、民事再生手続きに入っている。Newton を購読するのがせめてもの罪滅ぼしだろうが、私も手元不如意である。どうすべきだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

毒物を思い出す

キム・ジョンナムの死亡についてニュースがあった。毒殺ではないかとの噂がある。私は昔公害について悩んでいたことがあり、毒とはどんなものかを知りたいと思っていた。そして、毒ガスの島として知られる広島県竹原市大久野島に行ったり、亜砒焼き谷として知られる宮崎県高千穂町土呂久を訪れたりした。

これらとあわせて新書で何冊か毒に関する本を買ったのだが、引越しで処分してしまって今手元にない。残念なことである。たぶん、こんな本を読んだはずである。図書館にあれば借りて再度読んでみよう。

山崎 幹夫:毒の話(中公新書)
大木 幸介:毒物雑学事典(講談社ブルーバックス)
高木 仁三郎:プルトニウムの恐怖(岩波新書)
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

実家に電話する

用があって実家に電話した。内容はさておき、昔はアナログ回線で電話をして、そのアナログ回線にインターネットにつながるデジタル回線を乗せていた。今、私の住居では電話をデジタル化しているので、デジタル回線にアナログ音声情報を乗せている。インターネットに自分の住居から接続できるようになったのがおよそ 20 年前であり、電話がデジタル化するとは少しも思っていなかった。私が未来を見通す力がないことを今になって反省しているが、反省したら何が生まれるかを考えても何も出てこない。ますます落ち込んでしまった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

鼓舞されたことを思い出す

今日は某君の誕生日である。彼は偉くなっているが(正確には私以外の友達はみな偉くなっているが)、俺にこう話したことがある。


まるちゃん(俺のこと)は○○よりもっと偉くなっているはずなんだがなあ。


○○君は、某君と私の共通の友達である。○○君の名前が何かのときに知られてきたか何かで、
こんなことをふと言ったのだと思う。某君には感謝して聞き流したが、
それは買いかぶりというものだろう、と内心は思っていた。

そして、今でも啄木の短歌を思い出す。


友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ


そのうち、花のかわりに、ケーキを買ってこよう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

スパゲッティを食べる

前日とは違う店でスパゲッティを食べた。
このブログは少し前から科学とテクノロジーを標榜しているが、スパゲッティを食べたことを記録するばかりでは全く科学でもテクノロジーでもない。それではあまりにもひどいので、少し御託を並べよう。
土曜日によく行く店は生麺でスパゲッティを作っている。普通のスパゲッティは乾麺だからそこが違う。
生麺と乾麺はどこが違うかというと、小麦の種類が違う。生麺に使うのは粒子の細かい普通の小麦粉(強力粉)である。一方乾麺は小麦粉より粒子の粗いセモリナ粉を使う。
私は麺類は好きだが研究するほどの域には達していない。食べることだけで満足している。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

会社を休む

前日は飲み会が予定されていたのでこの日は休むことにしていた。実際休んで少しは体力が回復したと思う。昼は某所にて安いスパゲッティを食べた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

西麻布に行く

西麻布に行った。山手線の内側でも行きにくいところはあるもので、乃木坂駅から青山墓地を通って外苑西通りを目指したのだが、その外苑西通りに高いところから降りるのに難儀をした。
目的地はとある料理屋で、看板も出ていないところだったが、無事にたどり着くことができ、おいしい料理とワインを楽しんだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

abcjsを調べる

このところずっと、abc 記譜法とその実装である abcjs を調べている。それにしても、こんな難しいことをよくやるものだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

2月11日が何の日か忘れる

2月11日は何かの記念日だったはずだが、何の記念日だったのだろう。俺は最初バレンタインデーだと思ったが、バレンタインデーは2月14日のはずだ。ではいったい何だったんだろう。
2月11日は建国記念の日だった。つまり、この日は祝日だった。
祝日が土曜日だと、わたしようなサラリーマンには祝日の意義が薄くなる。

国ということばはどのような意味を持つのだろうか。私は日本という国に住んでいるが、国を意識することはほとんどない。給料から税金や厚生保険料や健康保険料がとられているので、これは国という機関があるからだろう。これをはじめとして、国からは何かを奪われているという感覚しかない。

もちろん、私は医者に行って健康保険のお世話になっているし、国道を間接的に使っているし、国立国会図書館のWEBページを使ったりしているので少しは恩恵もあるはずなのだが、どうも釣り合っているという気はしない。
かといっていまさら国から独立するとか考えることはできないし、どのように考えていくべきか、まったくわからないのである。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

運動をしないといけないと思う

私が抱えている問題はいろいろあるのだが、そのうちの1つの問題を根本的に解決するには汗をかくぐらいの運動しかないようだ。それで一時は川べりを走ったりしたこともあったが、最近は寒くて走っていない。

外が寒いというならば、近くの駅前にあるスポーツジムと契約してランニングマシンを使えば走ればよいと思う。しかし、金を払わずにできるものにわざわざ金を払うというのは癪だ。もっとも、金を払ったらそれを取り返すべくランニングマシンを使い倒さないといけないだろう、という考えも出てくるだろう。ジムとの契約はしないだろうが、だからといって運動不足のまま老年期に突入するのも避けたい。悩ましい。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

カレーを食べる

昼はカレーを食べた。以下、くだらない話である。
小学校の家庭科の時間、食べ物の栄養の話になった。炭水化物、脂肪、タンパク質、ミネラル、ビタミンと先生が列挙したあとで、「ではみんなのうちのご飯がどれになるか調べてみてください」という宿題が出た。
その日の私の家の晩飯はカレーだった。カレーはどれになるかわからなかった家族に聞いたら「先生に教えてもらいなさい」と冷たくあしらわれた。翌日先生に「カレーはどの栄養素に入るんっでしょうか」と尋ねた。先生は悩んだ末「うーん、炭水化物でしょうか」と答えてくれたように思う。
それにしても、私も家族も先生も、カレーの具に何が入っていたのか、何も考えていなかったのだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

2月を迎える

最近、元気が出ない。平常でも元気が出ないからいつものことではあるが、体力の低下ということをつくづく感じる。家に帰ってもスロトレをやる気力さえ起きない。少しでもスロトレをすれば体力低下は防げるのだろうが、気力が出るようにするにはどうすればよいのだろうか。答は、スロトレをする、ということのような気がする。つまり、どこかでこの悪循環を断ち切ることが必要で、それなら体を動かすほうが先ではないか、と思った次第だ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

空気の乾燥に驚く

この冬は、何年かぶりに加湿器を毎晩就寝時に使っている。恐ろしいことに、タンクにかなり水を入れても、一晩使うとあっという間に水が減っている。よほど空気が乾燥しているのだろう。
最近は物理を学び直したいと思っている。加湿器の原理を学ぶというのも面白いかもしれない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

コメダ珈琲店に行く

昼にコメダ珈琲に行った。運良く待ち時間なしで入れたが、私達が入ったあとは並んでいたらしい。
私が頼んだのはコーヒーのほか、サラダとグラタンだった。なかなか美味であったが、実はあることが気になっていた。というのは、無料で使えるはずの Wi-Fi が使えなかったのだ。事前にホームページから「Komeda_Wi-Fi接続ガイド」をダウンロードして、きちんと読んでおくべきだった。
本当は、喫茶店に入ってまで Wi-Fi を使うというのは邪道なのだろう。喫茶店があるのは話を楽しむためだろう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

忘却を考える

日常、すぐに物事を忘れてしまう。言われたことはメモにするようにしているのだが、メモにすることさえ忘れる。しかし、昔覚えたことは忘れない。たとえば、
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
という合奏団の名前とか
アブデル・ラハマン・エルバシャ
というピアニストの名前は今でもすらすら出てくる。
長いことで有名な寿限無の名前がある。私がなにも見ずに思いだそうとするとこうなる。


寿限無寿限無ゴコウの擦り切れ、カイジャリスイギョのフウライマツクウライマツ、食う寝るところに住むところ、ヤブラコウジブラコウジ、パイポパイポパイオのシューリンダイ、シューリンダイのグーリンガン、グーリンガンのちょうきゅうめいのちょうすけ


だいぶ違っている。正しいのは本で調べればわかるが、「ちょうきゅうめいのちょうすけ」の前の「ポンポコピのーぽんぽこなのー」を忘れていたのは恥ずかしい。マツも2か所しか思い出せず、「すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ」とこの順番でしかも間違えずに多い出せたことはない。

なぜあやふやかというと、この「寿限無」の名は歌で覚えたからである。山下洋輔トリオに「寿限無」という曲があり、冒頭、「♪じゅげむじゅげむごこうのすりきれ」から始まり「ちょうきゅうめいのちょうすけ」までメロディーで歌われる。これが気に入って覚えたのだが、今でもメロディーといっしょでないと出てこないのだ。だから、落語そのものはほとんど覚えていない。やっぱり、
水行末雲来末風来末 水・雲・風の来し方行く末には果てがないことのたとえ。

といったことをきちんと覚えないといけない、というのが今回の教訓である。


posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

占いは科学なのかどうかを考える

占いというものは近寄りがたい。科学でないような気がするからだ。しかし、私が尊敬する T 教の教主 T 氏は占いの専門家である。そして、学生時代は理科系の学問を修めている。その教主が研究している占いは、科学なのかもしれないと思う。
教主は、新年がくる少し前に、自身の研究による占術により翌年の日本を予測する。そして同時に、前年に予測した自身の結果を反省している。この姿勢はまさしく科学である。ある分野が科学的か科学的でないかというのは野暮な話で、自身の態度が科学的か科学的でないかということに帰着されるのではないかと今は考えている。
posted by まりんきょ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

高校数学の範囲を調べる

思うところがあって高校数学の範囲を調べた。現在は数学Aという分野で幾何をやるようだ。高校指導要領では図形の性質といっている、その幾何について、次のようなことが書かれている。


(ア) 三角形の性質
中学校では,第2学年で平行線や角の性質,三角形の合同条件を扱い,第3学年で三角形の相似
条件や三平方の定理を扱っている。
ここでは,中学校での学習内容を基にして直接扱える程度の三角形の性質として,外角の場合も
含めた角の二等分線と辺の比の関係,重心,内心,外心などの性質を扱い,これらの図形の性質を
図形の考察に活用できるようにする。チェバの定理やメネラウスの定理を扱うことも考えられる。
(イ) 円の性質
中学校では,第3学年で円の半径と接線の関係,円周角と中心角の関係を扱っている。
ここでは,円に内接する四角形の性質及び四角形が円に内接するための条件,円の接線と接点を
通る弦とのなす角の性質,方べきの定理及び二つの円の位置関係などを扱い,これらを図形の性質
の考察に活用できるようにする。また,二つの円の位置関係に関連して,共通接線について触れる
ことも考えられる。


幾何が弱い生徒はどうするのだろうか。

posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

夢を見る

今朝夢を見た。ある人が家を建てたので見に行くと、玄関のドアが道に向かって作られていた。その家の人は「道に向かわずに横に向けて作ってしまうと、ドアを開けたときに横のお宅の人と目が合うからいやでしょ。」といってその理由を説明した。なるほどと思いその家の周囲を歩いてみると、玄関と思ったそのドアは実は勝手口で、表玄関は別にあった。しかもその表玄関は横のお宅の正面に向かっていた。そして、その表玄関の正面に向かっているのは、横のお宅の表玄関だった。
posted by まりんきょ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

夢を見る

夢を見た。私が昔1年間だけいた学生寮を訪ねた夢だった。夢のなかではかつて住んでいた私の部屋は105号で、そのときの部屋の住人は外人だった。その住人は部屋で英会話教室のような講義をしていた。きっと何の意味もないだろう。
posted by まりんきょ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

午前中は眠る

きのうの疲れがあり、午前中は朝飯だけ食べてあとはずっと寝ていた。腹具合も悪く、本調子ではなかった。もっとも、本調子がいつあるのかといえば疑問である。
posted by まりんきょ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。