2017年04月13日

伊藤能氏の死去を知る

将棋棋士の伊藤能六段が去年の12月25日に亡くなったことを今日知った。私とは年齢が近い。他人事ではない。
伊藤六段は、年齢制限ギリギリの30歳でプロとなった苦労人である。そんな方が、こんなにも早くに亡くなってよいのだろうか。
続きを読む……
posted by まりんきょ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

いくらでも眠れる

最近、眠りが足りていない(実は昔からだ)。特に春になると眠気が強くなる。「春眠暁を覚えず」ということを偉い人が言ったため、春はみな眠くなるのだと俺は考えている。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

物理化学を学び直したいと思う

大学に入った時何が困ったかというと、化学の授業だった。物理は数学をやればなんとかなりそうで、数学はわからないなりにわからなさがはっきりしていた。ところが化学は物理化学がまったくだめでエントロピーが出てきて、ギプスの自由エネルギーやらなんやらが出てきて崩壊していた。今やったらもう少しわかるだろうか、と思う。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

嫌な三姉妹の続きをまた考える

嫌な三姉妹の続きをまた考えた。前回思い出せなかったのはたぶんこれだったはずだ。
「おごり、たるみ、ゆるみ」
おごりちゃんだけちょっと終わり方が違うけれど、仲のいい姉妹ではないかな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

化学の入試問題を見る

昔は化学が得意だったのだが、大学で物理化学、量子化学、有機化学と怒涛の三連発を浴びて立ち直れなくなってから、化学からは遠ざかっている。
化学の入試問題は、数学や物理のよりは、だいぶ現実を反映している。2017年の浜松医科大学の化学の入試問題である。
(前略)化合物Bの縮合重合によって得られるポリエステルは土壌の微生物で分解され,最終的に水と二酸化炭素になることが知られている.化合物Bの構造式を記せ。

ここで私は既に忘れているが、ポリエステルというのはある種類の化合物全体を指す。だから、土壌の微生物で分解されないポリエステルもあるはずだ(むしろそれが大部分ではないかと思う)。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

物理の入試問題を見る

物理の入試問題を見ると、オイルシェールがあったり、バンジージャンプがあったり、身近なものや現象を考えようとしていることがわかる。それにつけても悔しいのは、剛体の運動を高校ではやらなくなったことだ。今思うと、電気も難しかったけれど、力学の中ではあんなに難しいものはなかった。3次元の積分もろくにできないのに、回転モーメントを覚えていた。あれはつらかったな。俺達の後で剛体の力学ははずされたはずで、それが悔しいのだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

数学の入試問題を見る

数学の入試問題は、他の教科の入試問題と比べて浮世離れしているように見える。とはいえ、少しは現実に即した問題もある。
たとえば、浜松医科大学の2017年の数学の問題を見よう。なお、データは架空のものであるとの断りがある。また、糖尿病の判断では「HbA1c」だけでなく、症状や病歴、生活習慣、他の検査結果などを総合して診断が行われる、と最後に追記がある。

(1) いくつかのデータを比べるとき,それぞれのデータの特徴を一つで表すと比較しやすい.そのような数値を代表値という.
 代表値としてよく用いられるもののうち3つを挙げ,それぞれの定義を述べよ。

(2) 次の 2 つの表は,糖尿病患者 100 人(表A)と糖尿病でない患者 100 人(表B)を対象に採血検査「Hb1Ac」の結果を度数分布表の形にまとめたものである(ここでは HbAlc の値を小数点以下四捨五入していることに留意せよ.(表A、表Bともに省略)(1) で回答した3つの代表値を,表Aおよび表Bに対してそれぞれ求めよ.

(3) 省略

(1) は
平均値、最頻値、中央値であろう。このあたり、それぞれの特色を理解しておかないといけない。
それに何よりも、糖尿病になりたくない。

posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

列の並び方を考える

電車を待つ人たちは、たいてい2列で並んでいる。3列で並ぶように、とホームに書いてあってもだ。ドアが開く両脇に2列ずつ、と指示があっても1列ずつにしか並ばない。なぜかを考えてみた。3列並ぶと真ん中の人が両脇の人に挟まれて閉塞感が増すからだろう。両脇に2列ずつとあっても、外側の人は阻害されたように感じて乗り込むのが遅れると思うのだろう。かくして人は2列に並ぶ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

だるま落としを考える

大学入試センターの平成27年度追・再試験の問題の「旧理科2」の「理科総合A」に、ダルマ落としの問題が出ている。ひょっとして、戸田盛和さんが「おもちゃセミナー」か何かでだるま落としのことを書いてくれていないだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

新学期が始まる

最近、自分のなかで何もかもやる気がなくなっている。それでも生きていればいいこともあるだろうから生きていくことにする。
最近、摩擦について考えている。動摩擦力と静止摩擦力の違いが面白い。たとえば、紙が積層に詰まっている箱の脇を開けておく。箱の重量や紙の重量にもよるが、紙を一枚選び、ゆっくりと手前に引くと箱ごと手間に移動する。ところが紙を急速に引くと箱は静止して紙だけが出てくる。だるま落としの原理みたいなものだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

可搬型ソーラーパネルを探す

この日は、前から気になっていた可搬型ソーラーパネルが近所にあるかどうか見に行った。まず、DIY用品の店に行き、防災用品のコーナーを中心に見たが、まったくなかった。次に近くにある総合家電店に行った。ここは新築住宅やリフォームも手がけている会社なのだが、新築住宅用の太陽光パネルは展示してあったものの、可搬型ソーラーパネルはなかった。
どうしても手に入れたいというものではないが、PHS の充電ぐらいは太陽光でまかないたいと思っている。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

翌週の業務を思い出す

金曜日は疲れている。早く帰ろうと思ったが、翌週月曜日の朝から大事な用があることに気づき、定時を過ぎてからあわてて資料を作るはめになった。どうしてこう計画性がないのだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

腰が治る

きのう、腰がにがる話をした。家に帰っても、風呂に入っても相変わらずにがったままだったが、眠くなってきてこたつでエビのように腰を丸めて寝込んでしまった。そして目が覚めたら痛みが治まっていた。いったいなんだったんだろう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

腰がにがる

年をとると腰痛もちになるようだが、今まで俺は腰痛とは無縁だった。ところが今日、勤務先で座っているとだんだん腰が痛くなってきた。なぜだろう。きのう飲み過ぎたからだろうか。広島では、鈍痛を表すときに「腹がにがる」とかいうらしい。今回の腰痛はまさに「にがる」を実感したのだった。
http://ameblo.jp/skmt/entry-10016591116.html
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

ブラームスのホルン三重奏曲を弾いてみる

ブラームスの室内楽曲はよく聞くものもあればほとんど聞かないものもある。よく聞くのはクラリネット五重奏曲、弦楽(5|6)重奏曲、ピアノ(4|5)重奏曲などだ。(ピアノ|クラリネット)三重奏曲や弦楽四重奏曲はあまり聞かない。これだけ見ると数が多いほうをよく聞くように見えるが、ホルン三重奏曲は例外でよく聞くほうだ。まず、明るいのがいい。ブラームスの曲で能天気なのは他には大学祝典序曲ぐらいではないのかな。
ということで、若い衆にブラームスのホルン三重奏曲を内輪で弾かないかと酒の勢いで誘ってみた。ホルンの若人とヴァイオリンの若人は快諾してくれたので、練習することにした。いやあ、やはり難しいですね。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

佐藤姓の将棋棋士を思い出す

現在の将棋界で一番多い姓は佐藤だろう。以前、九段から四段までまんべんなく?6人いたということは覚えている。今はどうなっているのかな。現役プロ棋士を思い出してみよう(敬称略、順不同)。
佐藤康光、佐藤天彦、佐藤慎一、佐藤和俊、佐藤紳哉、佐藤秀司
引退した棋士の佐藤姓を調べたらさらにいた(敬称略、順不同)。
佐藤大五郎、佐藤義則、佐藤豊、佐藤庄平
今年度のNHK杯選手権で、佐藤康光と佐藤和俊が勝ち進んでいる。二人の対局になれば面白いな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

若い人の輝きに負ける

きのうは酒を飲んだりつまみを食ったりしたが、それほど二日酔いは残らなかった。ただ、胃腸の調子はあまりよくない。若い人には負けたくないが、輝きを見るとやっぱり負けるなあ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

円周率の日を迎える

3月14日である。世の中はホワイトデーなので駅のコンコースには異様に出店があり異様に人が並んでいるが、幸いなことに私には義理立てしなければならない人はいない。それよりなにより、3月14日は円周率の日である。単に 3.14 が円周率としてよい近似値である、とうだけである。
ふと思ったのだが、7 月 22 日も円周率の日としていいのではないか。というのも、22 / 7 も円周率のよい近似になっているからである。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

Amazonには近づかないでおこうと考える

Amazonというサイトがある。ここで本がいろいろ紹介されているので、クリックすれば自宅まで送ってくれる。しかし、私はAmazonを使わないことにしている。というのは、一つはAmazonでの配送センターでの仕事が過酷だということを聞いたこと、もう一つは配送業者の負荷を減らすことである。もっとも、一番大きな理由は、Amazonを使うと金が減ってしまうことだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

大学受験化学の問題を考える

大学受験が行われている。科学やテクノロジーの話題を標榜しているこのブログとしては、理科の問題を取り上げてみたい。
2017 年東北大学入学試験化学(前期)の問題である。
窒素分子の電子式とアンモニアの電子式を書け。

窒素とアンモニアの分子式はそれぞれ N2 と NH3 である。
電子式ってなんだろう。忘れてしまったなあ。
まったくのあてずっぽうだが、窒素の電子式は N2+ + 2e- で、
アンモニアの電子式は NH3 + + e- ではないかなあ。
さて、おそるおそる正答を見ると、こうだった。
窒素は:N∴∵N:
        ‥
アンモニアはH:N:H
        ‥       
        H
だった。なお、窒素で、Nの右や左に∴や∵があるのは窮余の策で、実際は縦一列にドット3つ並んでいる。
要は、Nは共有結合で最も外側の電子(最外殻電子)が8つあるように、Hは最外殻電子が2つあるような姿に描かなければいけなかった。もう忘れたな。
でも、アンモニアの作成は大事な化学反応である。これがなければ肥料ができず、肥料ができなければ植物が育たず、私達は飢えて死んでしまうからだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。