2017年10月19日

電車が混んでいる

このところ、常磐線が混んでいる。勤務先に行く途中で、北千住駅で一本見送った。帰宅時も日暮里駅で一本見送った。どちらも上野東京ラインの中距離列車(取手以遠発着)である。今月14日のダイヤ改正の影響だろう。電車を一本見送る間に、有意義なことをしたいなあ。
posted by まりんきょ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

寒さ対策をしなければいけないと思う

寒さ対策をしなければいけないと思うが、何もやっていない。つれあいにお願いして、冬の布団を出してもらっただけで、自分では何もしていない。少しは自分で動こう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

本と雑誌を買う

本と雑誌を買った。本はコンピュータ関係、雑誌は数学関係だ。自分の好みで買うだけだと読む種類が狭くなってしまう。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

風邪をひきかける

昨日飲んで帰ったせいだろうか、風邪をひきかけた。のどがいがらっぽいので困った。ただ、勤務先でだましだまし働いていたら、少しは回復したようだ。勤務先は病院ではないのだが。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

練習に行く

この日はあわただしかった。午前午後、日のあるうちは某所にて苦吟していた。日が落ちるころに某所にチェロを抱えていき、音楽の練習をした。ちょうど弦楽四重奏だったであり、久しぶりにモーツァルトの K.138 などを弾いてみた。懐かしかった。
その後、バイオリンの I くんと飲んだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

キンモクセイを感じる

やっと町中であちこちキンモクセイの香りを感じるようになった。しかし、もうこの日で最後ではないかと思う。あとは寒くなるばかりだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

家で過ごす

私はインドア派である。じっと家の中で過ごしていた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

スパゲッティを食べる

昼はスパゲッティを食べた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

レンコンを食べる

レンコンをおかずにおにぎりを食べた。
レンコンというのも不思議な野菜である。昔、レンコンの穴にからしを詰めたものを食べたが、あれは何というのだろう。忘れてしまった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

奇数両編成の列車を調べる

最近、近くの東武伊勢崎線を走る電車に、7両編成の列車をたびたび見かけるようになった。さて、奇数両編成の列車は普通にあるのだろうか。

・3両編成 東急池上線ほか
・5両編成 京王井の頭線ほか
・7両編成 東武伊勢崎線・東京メトロ日比谷線ほか
・9両編成 (特急など)
・11両編成 山手線、中距離列車(東海道線、横須賀線、常磐線など)の一部
・13両編成 ?
・15両編成 中距離列車(東海道線、横須賀線、常磐線など)の一部
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

天ぷらのにおいがする

朝、通勤で北千住の駅で乗り換える。すると、駅のホームでソバ屋から天ぷらのにおいがしてくる。最近はこの天ぷらのにおいが気になっている。昔は食欲をくすぐるにおいだったはずなのに。もう私は歳を取ってしまったのだなあ。
posted by まりんきょ at 23:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

ジョギングをする

私は体を動かすことが苦手なので、ジョギングなんかやりたくないが、やむを得ない理由で毎週している。
私は毎年のように脂質異常を指摘されている。そのなかのある要素は、食事制御は改善には寄与せず、運動をしないと正常値にならないものらしい。なお、禁煙すればこの数値は正常に近づくのだそうだが、タバコはもとから吸っていない。ひょっとして今からタバコを吸い始めてこの数値が悪化しなければ、あるタイミングでタバコをやめれば正常値に近づくのかもしれない。

そんなバカげたことを考えながら、近くの川の道を30分ほどジョギングした。対岸に煙が見えたので火事が起こったのかと思った。近所のおばさんが「夜の火事は近くに、昼の火事は遠くに見える、っていったっけ?それともぎゃくだったっけ?」ととなりのおじさんに話しかけていたのを聞いた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

実家のピアノが引き取られることを知る

晩に実家から電話があり、家にあるピアノを引き取ってもらうことにしたと伝えられた。いつかはその日が来ると思ったが、やはり寂しい。苦楽をともにした相棒だった。
もっとも、35年以上前のピアノということもあり、実家では誰も弾かない。家具にしてはあまりにも重いし大きいから、ここらで引き取ってもらうのが潮時なのだろう。
posted by まりんきょ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

人の寝癖に見とれる

混んでいるエレベータに乗っていたら、近くの男性の髪の毛の一部が逆立っていた。一角獣というべきか、槍ヶ岳というべきか、あまりにも局部が尖っていたのでほれぼれと見とれていた。そうしたら、当人は私の視線に感づいたのだろうか、手櫛を入れて寝ぐせを直してしまった。がっかりしてしまった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

演奏会に行く

お誘いがあり、紀尾井ホールの演奏会に出かけた。プログラムはすべてモーツァルトの曲で、ファゴット協奏曲、交響曲「プラハ」、ディヴェルティメント第10番であった。どれもいい演奏だったが、このなかでは「プラハ」がなじみがあって落ち着いて聴けた。でも、なぜか私は同じニ長調の交響曲なら「プラハ」より「ハフナー」のほうが好きだ。理由はわからない。
posted by まりんきょ at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

木が切り倒されている

私が住んでいるコンクリート長屋の向かいに、かつて大きな木があった。それがきのう見たら切り倒されていて株だけが残っていた。写真に撮っておくのだった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

朝起きるのに難儀する

睡眠負債なのだろうか、朝起きるのに難儀する。もう少し朝は余裕をもって出かけたいのに。
posted by まりんきょ at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

ジョギングをする

ジョギングをした。家に帰ってから汗がついたまま裸で畳の上に寝転がったら、畳に湿った跡がついていた。当然のことながらつれあいに叱られた。そしてついに、私が恐れていたあの一言が出た。反省している。
posted by まりんきょ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

ケーキを食べる

昼はファミリーレストランへ行き、スパゲッティとケーキを食べた。ケーキは無料券をつかったのでタダだったが、ほかのものにお金を取られた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

「ホルベアの時代より」を思い出す

演奏会の余韻ついでに、「ホルベアの時代より」のピアノ版(原曲)を聞いてみた。第1楽章のタッタカタッタカというダクテュロスのリズムがピアノでどのように表現されているか想像したが、なるほど、分散和音だったか。ということは、グリーグは編曲時に分散和音をダクテュロスにすべきだという編曲のカンが働いたのだろう。そのカンはあたり、弦楽合奏の編曲版の方がピアノ版よりよく知られるようになった。振り返って考えてみると、俺がピアノの曲を弦楽合奏に編曲するときにそのような大胆なリズムの変更ができるだろうか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。