2008年02月19日

過激なダイエットを決意する

今日は健康診断の日だった。一通り検査が終わり、医師面談となった。例年は老年の女性医師だったが、今年は中年の男性医師だった。口が臭く、横柄な態度で「体重を減らしなさい」と高圧的に脅すのだった。

普通なら「こんな奴のいうことはおかしい」となるのだが、今回は素直にいうことに従った。そして、過激なダイエットをする予定にした。それは

昼飯を抜く

というものである。
週に5日勤務するうち、昼食について2日は同僚と食べる。残りの3日はすべて抜く。休みの2日間は食べる。

さて、実行できるだろうか。ちなみに、この日は同僚と食べる日である。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87873342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

昔の屈辱を思い出す
Excerpt: 昔医者に体重を減らせと言われたことです
Weblog: まりんきょの別荘
Tracked: 2009-02-22 17:16
記事と無関係なトラックバックは削除します。