2017年06月15日

6850億円を思い出す

ニュースでは政治の話が出ている。日本の問題だったり、東京の問題だったりする。私も日本に住んでいるし、東京に勤め先があるから関心はあるのだが、その先の行動には結びついていない。これは昔からの悪い癖である。ニュースは知っているが行動はしない。そしてニュースをすぐに忘れる。
そんな私だが、妙に覚えている一つの数字が 6850 億円である。これは、住専問題で国が投じた費用である。とにかく巨額だと報道されたのだった。後にも先にも、これほど巨額の金銭をオーダーと有効数字3桁を私は正しくいえる事件はない。そのとき、私の職場は八丁堀というところにあった。健康のため朝は一つ前の茅場町という駅で降りて歩くことにしていて、その茅場町には、住専のうちのある一社が看板を掲げていた。住専の問題が連日報道されているうち、看板はいつの間にかなくなっていた。
私がもっとも恥ずべきことは、住専問題が何だったかということを数字以外全く覚えていないことである。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事と無関係なトラックバックは削除します。