2017年06月03日

ブラームスのホルン三重奏曲を弾く

この日は職場の会社グループの楽友会の有志で室内楽演奏会を開いた。私も仲間に混ぜてもらった。弦楽では、サティの「おまえが欲しい」と久石譲の「いのちの名前」をチェロで弾いた。そして、バイオリンとホルンの若手を誘ってブラームスの「ホルン三重奏曲」から第四楽章を披露した。ホルン三重奏曲はブラームスの室内楽の中では脳天気な曲だから私が弾いてもいいだろうと思って練習したのだが、ところがどっこい難しい。それでも演奏が終わって思ったことは、ともかくやってみてよかった、ということだった。
自分のレパートリーは「ハイドン以前、フォーレ以後」を標榜しているが、ますます崩れている。まあしかし、標榜は崩れるためにあるのだということでよしとしよう。
そして、打ち上げは二次会も含めて、まったく覚えていない。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
記事と無関係なトラックバックは削除します。