2016年09月26日

CDの棚をあさる

久しぶりにブラームスのピアノ協奏曲第2番を聴きたいと思って、自分の部屋のCDの棚をあさったが、何もない。それどころか、ピアノ協奏曲第1番もない。交響曲4曲もどれ一つとしてない。ヴァイオリン協奏曲もない。オーケストラの曲で見つかったのは、ヴァイオリンとチェロのための協奏曲だけだった。それもつい一か月前に買った10枚組のフルニエのCDのセットに入っていたものだったから、それまではゼロだったというわけだ。
ブラームスも嫌いなわけではないけれど、CDを買ってまで聴こうとは思わない。さて、ピアノ協奏曲第2番のCDを買おうか、どうしようかなあ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラームス嫌いを公言していた私でさえ、交響曲と協奏曲は全部2枚ずつ以上は持ってます・・・とはいうものの、最早CDをケースから取り出すよりyoutubeをあさる方が簡単ですよね・・・。

Pコンなら1番の方が好きです。
Posted by hasida at 2016年10月03日 23:00
hasida さんはブラームス嫌いを公言していたのでしょうか。ドイツ・オーストリアの曲は誰かれかまわずにもりもり弾いていた印象があったのですけれど。

おっしゃり通り、聴きたい曲はもう今は YouTube を探してしまいますね。別に CD を、それもPコンの2番を買う必然性はないのですけれど、なぜか急にKさんの一人弾きを思い出してしまったのです。

Posted by まりんきょ at 2016年10月04日 22:17
>ドイツ・オーストリアの曲は誰かれかまわずにもりもり弾いていた印象があった

学生時代には公言していました。当時譜読みしたブラームスは、ジンガー編曲の交響曲第4番第2楽章だけ、その後を含めても、まずまず弾けるまで練習したのは、Vnソナタ1番1楽章お一人用、が追加されるだけです。

・・・が、おっしゃるとおりドイツ系を多く弾いてましたね。後年イタオペを聞くようになって、自分が実はドイツ系向きではなかったことに初めて気づいた次第です。本当はイタリア、あるいは東欧かロシア向きだったらしい。
でも最近はおフランスを練習してます。
Posted by hasida at 2016年10月05日 22:09
そう、hasida さんがイタリアオペラを聴くようになったのにびっくりしたのですが、本当はイタリア向きだったと思えば納得です。
おフランスもいいですね。かくいう私は独墺ものに挑戦します。
Posted by まるやま at 2016年10月09日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442404977
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
記事と無関係なトラックバックは削除します。