2009年04月11日

朝のニュースに絶句する

今朝のニュースを見て絶句した。何かというと、将棋名人戦第1局のニュースである。ふつう、名人戦といっても、ニュースになるのは最終局である。ところが、第1局がニュースになったのだ。

それというのも、無礼な観戦記者が、対局中である羽生名人にサインを求めたからである。私は、この場面を放映されている間、ずっと固まっていた。ただ絶句していた。五言絶句、七言絶句。

この記者の言動を見て、今まで聞いてきた言葉が浮かんできた。それをここに記すのは自制が働いたので控えるが、まあ、刑罰の種類を表すことばで、よく時代劇に出てきたことばである。

この記者は朝日新聞の嘱託ということだから、朝日新聞社の出している新聞や雑誌、書籍はもう買わないようにしよう。なお、私がいま購読しているのは毎日新聞である。
posted by まりんきょ at 08:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!oratakiです。
動画見ました。確かに言語道断。絶句です。ありえないです。逆に羽生さんも人が良すぎです。これで羽生さんが負けたらどうなっていたんでしょう。人生最大級の後悔になるでしょう。

ウチは朝日新聞ですが取るのやめようかと思いました。けど、嫁さんが朝日支持にまわっているのでとりあえず継続になっちゃいました。
Posted by orataki at 2009年04月11日 13:28
本当に信じられません。相手の郷田さんが、このあり得ない一部始終を見て動揺したから負けたのではないか、と思ったほどです。

対局場所は神聖な空間で、テレビカメラが実況中継することすらなかなか適わなかった時代がありました。そんなことは観戦記者こそ一番知っているはずなのに、と恥ずかしく思うばかりです。

不買運動は大人げないと思います(今日も森永乳業のヨーグルトを買ってしまったし)。ただ、観戦記者や、朝日新聞社の挙動を忘れずに監視し、声を上げないといけない、と思いました。
Posted by まりんきょ at 2009年04月11日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名人戦に見る日本人の劣化
Excerpt: 本日の陽光燦燦ジョギングは25分/5km。アツかった〜。明日のマラソン大会に備えて今日はこれくらいで。 まりんきょさんのブログに触発されて記事書いています。将棋の名人戦の第一局が大変なことになっ..
Weblog: こんさーる日記 [2009]
Tracked: 2009-04-11 20:06
記事と無関係なトラックバックは削除します。