2017年04月16日

データベーススペシャリストの試験を受ける

データベーススペシャリストの試験を受けた。午前Iは免除だったので、午前IIから受けた。問題は手強かった(俺が弱いだけか)。午前IIの問題はIPAの解答と照らしあわせた結果、25問中正答19問だった。問題は午後Iと午後IIだ。どちらもかなりの確率でアウトとなっているような気がする。
また次回がんばろう。
posted by まりんきょ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

働くことの意義を考える

この日はある場所にある人たちのお祝いをしに行ったのだった。そこで、働くことの意義を考えてみた。
働くということは誰かの役に立つためになることであり、これが主目的と思っている。そして、その副産物としてお金をもらえるということができる。それにしてはそのお金という副産物は大事なものだから、誰かの役に立つ、ということは置き去りにされてしまうことがある。
俺は、副産物のほうを大事に思ってきたから働くことは苦痛だったし、これからもそうだろう。しかし、お祝いをした人たちは副産物より、主目的を大事にしている。だから俺から見て、働くことは苦痛であるようには見えなかった。幸福な人生だと思う。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

競馬新聞を読む

きのうは(夜ふかしをしているからこういう書き方になる)、帰りに競馬新聞を読んだ。買ったのではない。電車の網棚に放置してあったのを取って見たのだ。馬券を買ったこともなく、競馬場に行ったこともない。ただ、活字を見るもいいだろうと思っておうまさんの名前を見てみた。VOW に載るような面白い馬名は見当たらず、せいぜい「アンタガシャチョウ」という名前が目を引いた程度だった。
でなぜコンピュータのカテゴリでこんな記事を書いているかというと、最近データベースの勉強をしているためか、おうまさんの情報をデータベースに整備したらどのようなことになるかをふと考えたからだった。このような馬の情報をコンピュータに入力させようとすると、きちんとした概念スキーマを設計しなければいけないのだろう。
posted by まりんきょ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

伊藤能氏の死去を知る

将棋棋士の伊藤能六段が去年の12月25日に亡くなったことを今日知った。私とは年齢が近い。他人事ではない。
伊藤六段は、年齢制限ギリギリの30歳でプロとなった苦労人である。そんな方が、こんなにも早くに亡くなってよいのだろうか。
続きを読む……
posted by まりんきょ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

いくらでも眠れる

最近、眠りが足りていない(実は昔からだ)。特に春になると眠気が強くなる。「春眠暁を覚えず」ということを偉い人が言ったため、春はみな眠くなるのだと俺は考えている。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

コンピュータ用語を覚える

事情があってコンピュータ用語を覚えていようと試みるがなかなか覚えられない。困った。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

化学の入試問題を見る

昔は化学が得意だったのだが、大学で物理化学、量子化学、有機化学と怒涛の三連発を浴びて立ち直れなくなってから、化学からは遠ざかっている。
化学の入試問題は、数学や物理のよりは、だいぶ現実を反映している。2017年の浜松医科大学の化学の入試問題である。
(前略)化合物Bの縮合重合によって得られるポリエステルは土壌の微生物で分解され,最終的に水と二酸化炭素になることが知られている.化合物Bの構造式を記せ。

ここで私は既に忘れているが、ポリエステルというのはある種類の化合物全体を指す。だから、土壌の微生物で分解されないポリエステルもあるはずだ(むしろそれが大部分ではないかと思う)。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

物理の入試問題を見る

物理の入試問題を見ると、オイルシェールがあったり、バンジージャンプがあったり、身近なものや現象を考えようとしていることがわかる。それにつけても悔しいのは、剛体の運動を高校ではやらなくなったことだ。今思うと、電気も難しかったけれど、力学の中ではあんなに難しいものはなかった。3次元の積分もろくにできないのに、回転モーメントを覚えていた。あれはつらかったな。俺達の後で剛体の力学ははずされたはずで、それが悔しいのだ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

数学の入試問題を見る

数学の入試問題は、他の教科の入試問題と比べて浮世離れしているように見える。とはいえ、少しは現実に即した問題もある。
たとえば、浜松医科大学の2017年の数学の問題を見よう。なお、データは架空のものであるとの断りがある。また、糖尿病の判断では「HbA1c」だけでなく、症状や病歴、生活習慣、他の検査結果などを総合して診断が行われる、と最後に追記がある。

(1) いくつかのデータを比べるとき,それぞれのデータの特徴を一つで表すと比較しやすい.そのような数値を代表値という.
 代表値としてよく用いられるもののうち3つを挙げ,それぞれの定義を述べよ。

(2) 次の 2 つの表は,糖尿病患者 100 人(表A)と糖尿病でない患者 100 人(表B)を対象に採血検査「Hb1Ac」の結果を度数分布表の形にまとめたものである(ここでは HbAlc の値を小数点以下四捨五入していることに留意せよ.(表A、表Bともに省略)(1) で回答した3つの代表値を,表Aおよび表Bに対してそれぞれ求めよ.

(3) 省略

(1) は
平均値、最頻値、中央値であろう。このあたり、それぞれの特色を理解しておかないといけない。
それに何よりも、糖尿病になりたくない。

posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

列の並び方を考える

電車を待つ人たちは、たいてい2列で並んでいる。3列で並ぶように、とホームに書いてあってもだ。ドアが開く両脇に2列ずつ、と指示があっても1列ずつにしか並ばない。なぜかを考えてみた。3列並ぶと真ん中の人が両脇の人に挟まれて閉塞感が増すからだろう。両脇に2列ずつとあっても、外側の人は阻害されたように感じて乗り込むのが遅れると思うのだろう。かくして人は2列に並ぶ。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。