2017年12月06日

羽生竜王のことばを聞く

羽生善治が竜王位を奪還した。つれあいがそのときのことばを聞いていた。どうやら羽生は盤上の上ではといったらしい。
http://www.huffingtonpost.jp/abematimes/habu-7-crown_a_23298262/
いずれにせよ羽生は偉い人だから何をいってもいい。私はこれからどう生きようか。
posted by まりんきょ at 22:54| Comment(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

赤い人を見かける

昼間、髪を真っ赤に染めている若い人を見かけた。染めるのならば髪があるうちだよな、と思っていた。すると帰り、ある駅の近くで、真っ赤な帽子をかぶり、赤い服を着て赤いズボンをはいている初老の男を見た。驚いたが何も気が付かないふりをして通り過ぎたが、一つ気になったところがあって振り返った。靴も赤かった。老人もこちらに気が付いたとみえ、こちらにガンを飛ばしたので私は速足で遠ざかった。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

飲み会に出かける

飲み会に出かけた。イタリア料理を食べた。ニンニク臭かっただろうな。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

新国立美術館に行く

乃木坂にある国立新美術館に行き、『安藤忠雄展―挑戦―』を見てきた。まあ、なんというか、凄いエネルギーですね。風邪が治ってしまった。
posted by まりんきょ at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

スパゲッティを食べる

昼は某所にてスパゲッティを食べた。先週はこの某所が混雑していて入れなかったから、ありがたいことである。おやつは一昨日某社からもらったケーキを食べた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

いんげんのカレーを食べる

昨日は酒を飲んだのでちょっと朝がきつかった。それでも勤務先に這っていき、なんとか午前中の仕事をこなした。昼は久しぶりになじみの🍛屋へ行き、インゲンのカレーを食べた。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

飲んでしまう

この日は某社の宴会のごちそうを食べ、その後でその某社関係の人たちと信濃町で飲んだ。おかげで帰宅が午後11時を過ぎてしまった。これが私の家の門限なのである。
posted by まりんきょ at 23:59| Comment(0) | 飲食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

志村五郎の「数学をいかに教えるか」を買う

勤務先からの帰り、新宿駅西口の古本市で、ちくま学芸文庫から出ている、志村五郎の「数学をいかに教えるか」を買った。あいかわらずこの数学者は思ったことを正直に言う人だと感心している。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

落ち葉が多くなる

寒くなり、落ち葉が多くなってきたように見える。私もぬれ落ち葉などと陰口をたたかれないようにしたいが、どうすればいいのかわからない。部屋の整理をすることぐらいか。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

「理系のための線型代数の基礎」を買う

紀伊國屋書店から出ている「理系のための線型代数の基礎」を買った。大学はとっくに卒業したし、今後新たに大学や大学院の入試を受けることも考えていないから、何のために買ったのか不思議に思う向きがあるかもしれないが、実は私にもわからない。この本は、代表著者として永田雅宜氏の名前がある。ひょっとして、この永田氏の名前にひかれて買ったのかもしれない。
昔、数学セミナーという雑誌に、永田先生が「エレガントな解答を求む」欄にある問題を出した。私がそれに応募したところ、応募したときの私の筆名を挙げて、「長い」解答と評した(長い、ではなかったかもしれないが、要はエレガントとは程遠い内容の形容詞だった)。そのころ、永田先生が数学者としてどのような業績をあげていたかは知らなかった。
そんな昔をことをふと思い出した。ちなみに、この本は難しい。
posted by まりんきょ at 23:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事と無関係なトラックバックは削除します。